« 「異彩の漢 Y ありがとう!」 | トップページ | 洗濯機、ありがとう・よろしくね! »

2020年「丹沢自然塾」ようやく開講

4月に予定していた2020年の「丹沢自然塾」。新型コロナウイルスの感染拡大による自粛で延び延びになっていた開講式をようやく開催することができました。7月11日(土)朝の内は曇り空が広がる秦野市名古木の棚田の原。体温測定器・消毒スプレーを用意し、参加者全員マスク姿で受付を開始しました。

秦野市環境共生課の谷課長ほか4名の職員も参加。私の開講あいさつの後、谷課長のあいさつ、今年の自然塾生の自己紹介の後、早速、東海大学自然環境課程の北野先生を講師に、田んぼの生き物観察に移りました。

006_20200712122601

014

019_20200712122601

080

40分ほどの田んぼの生き物採取の後、北野先生による解説。

100

106

その途中、ざあざあ降りの雨。急きょテントの中に移動。小さな虫たちの標本の説明に子どもたちは身を乗り出してのぞき込みました。採取した生き物はすべて田んぼや川にリリース。

117

タイミングよく雨も上がり、自然塾・田んぼ担当の金田さんがドン会のフィールドを自然塾生に案内しました。

137

最後にドン会の歩み・活動について紙芝居方式で紹介。

166

この日の参加者は総勢60名余り。何とかこの日のスケジュールをこなし、2班に分かれて昼食の後、解散しました。

次回は、8月22日の自然塾「そばの種まき教室」。当日は、栽培中のスイカを収穫し、参加者に賞味してもらう予定です。おおぜいの参加者がありますよう!

162

2020年の「丹沢自然塾」の開講にこぎつけ一安心。名古木の棚田に少し活気が戻って来ました。

|

« 「異彩の漢 Y ありがとう!」 | トップページ | 洗濯機、ありがとう・よろしくね! »

里山・棚田・食べ物づくり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「異彩の漢 Y ありがとう!」 | トップページ | 洗濯機、ありがとう・よろしくね! »