« 丹沢山ろくの朝焼け | トップページ | 東の空、朝の雲 »

名古木の棚田でササ刈り―その2

秦野市名古木の丹沢ドン会のフィールド周辺には手入れが行き届かずササが繁茂しているところがあります。太陽の光を遮り長い影。米づくりにも影を落として? います。という訳で、この冬の課題の一つ、ササ刈り作業ー2回目です。

035_20201128165501

9時過ぎの棚田。この日も秋晴れ。

019_20201128165501

016_20201128165501

ご覧のようなササ薮が法面をおおっています。草払い機で刈り取ります。

042_20201128165501

011_20201128165501

ササを刈ると見違えるほどに。

作業中に、オスのシカが1頭、東の雑木林からドン会の田んぼを駆けて、西側の雑木林に消えたと言います。作業に集中していた私は気づきもしませんでしたが…。

里山再生作業は来週もつづきます。

 

 

|

« 丹沢山ろくの朝焼け | トップページ | 東の空、朝の雲 »

里山・棚田・食べ物づくり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 丹沢山ろくの朝焼け | トップページ | 東の空、朝の雲 »