« 春めく名古木の棚田 | トップページ | ロウバイの花咲く »

城川隆生さんの『新編相模国風土記稿』の原本調査

2021年1月17日付「神奈川新聞」に、『新編相模国風土記稿』の原本調査の成果が掲載されました。原本の調査をしたのは城川隆生さん。昨年秋発行の「丹沢・大山・相模の村里と山伏」(夢工房)の著者です。

Img_20210117_0003

「神奈川県の成り立ちを研究する上で重要な史料」とされるこの「風土記稿」の原本は現在国会図書館が所蔵しているものではないか。

今後の神奈川の歴史の調査・研究に資する成果で、さらなる精査を期待したいものです。

|

« 春めく名古木の棚田 | トップページ | ロウバイの花咲く »

編集者日録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春めく名古木の棚田 | トップページ | ロウバイの花咲く »