« 2021年4月 | トップページ | 2021年6月 »

2021年5月

どこかで水漏れ?名古木の棚田

小川の南側、苗を育てていた田んぼの田植えです。

004_20210530100601

020_20210530100601

小川に面した画面右の下段の小さな田んぼ2枚が水漏れ。田んぼの土を踏み込みドロドロにして水漏れの穴をふさぐしかありません。

026_20210530100601

048_20210530100601

手植えならではの曲線美?

緑の水面に山影が写っています。

 

| | コメント (0)

アジサイの花色づく

雨上がりの朝、アジサイの花が雨露にぬれながら色づき始めました。

002_20210528094301

004_20210528094301

008_20210528094301

014_20210528094301

ナンテンの蕾も。

001_20210528094301

バラの花一輪。

梅雨を思わせる昨日までの空模様。

田植え後の棚田の苗たちにとっては恵みの雨。スーパームーンも雲隠れでした。

| | コメント (0)

涼気ただよう丹沢の堰堤

札掛からの帰り道、ウグイスの鳴き声の彼方にかすかに水音が…。車を退避場所に寄せて斜面を下りました。

005_20210526143001

006_20210526143001

新緑の向こう、落下する堰堤の水が涼気を届けてくれます。

011_20210526143001

ヤビツ峠の近く。緑におおわれた丹沢。下界のコロナ禍の騒動はどこ吹く風?

 

| | コメント (0)

田植え日和に幼い助っ人

名古木の棚田は前日まで恵みの雨。朝に雨もは止み、またとない田植え日和。

015_20210523120701

この日は、初参加のファミリーも。強力な助っ人? 登場。

018_20210523120701

肉体派は、水の回った田んぼの代かき。

021_20210523120701

棚田周辺はいつの間にか濃い緑に。

035_20210523120701

畑では夏野菜が順調に育っています。

田植えは残り2日。もうひと踏ん張りです。

 

| | コメント (0)

丹沢ドン会の田植えスタート

丹沢ドン会の名古木の棚田で田植えが始まりました。

027_20210515180801

051

058_20210515180801

038_20210515180801

060_20210515180801

周囲の里山はすっかり深い緑。

072

071_20210515180801

064_20210515180801

田んぼの周辺には野の花たちが咲き競っています。

このあと何週かドン会のメンバーで田植えがつづきます。

 

| | コメント (0)

ピンクのバラと白のカラーの花咲く

今朝の目覚めは5時過ぎ。窓ガラスの向こうから鳥の声が聞こえています。雨戸を開けると、ぽっとカラーの白い花が目に入りました。

003_20210514090101

007_20210514090201

庭に出てみるとピンクの小さなバラの花も。

緑の風が通り、初夏の装い。

 

 

| | コメント (0)

名古木の棚田で東海大学・室田教室の農業体験実習

5月2日、9日、16日と3週連続で、東海大学・室田教室の農業体験実習が、NPO法人自然塾丹沢ドン会の名古木の棚田で開かれています。9日は、ドン会から金田・丹藤・片桐の3名が参加、学生たちの田んぼづくりの手ほどき。

013_20210511160401

この日の名古木の棚田。黄砂の影響でしょうか、すっきりしない空が広がっています。

046_20210511160401

052_20210511160401

065_20210511160401

泥だらけになりながら田起こしと代かき作業。室田先生も手慣れたもの。

084_20210511160401

水も行き渡り、周囲の雑木林のみどりが田んぼに映えます。

学生たちの若きパワーで、この日は3枚の田んぼの田起こし・代かき・畦塗りの作業が進みました。16日の作業の後は6月6日の田植えです。自然との付き合い方を学びながら、若者たちが未来への懸け橋となってくれることを願っています。

 

| | コメント (0)

庭に咲く小さな花たち

丹沢ドン会の定例活動日、田植えを前に田んぼづくりが急ピッチで行っています。活動を終えて家に帰り一息。

庭に出てみると小さな花たちが迎えてくれました。

012_20210508155801

ニワセキショウ。

008_20210508155801

シラン。

016_20210508155801

ノバラ。

003_20210508155801

バラの蕾。

002_20210508155801

アジサイの蕾。

009_20210508155801

梅の実も大きくなりました。

窓の外のみどりに癒される季節です。

 

 

| | コメント (0)

近代たてもの見て歩きの下見・秦野駅南エリアへ

「市民がつくる秦野のまち」が20年来開催している秦野の近代たてもの見て歩き。久しぶりに見て歩きを開催しようということで、会のメンバーであり、古建築の調査・復元の専門家・福田さんと、建築家の久保寺さんと私の3人で下見に出かけました。

きょうのテーマは、秦野駅南エリアの農家住宅。

004_20210504175701

秦野駅南口を出て、荒井用水の流れを見ながら進みます。

小田急線と荒井用水の間には、古い民家が幾つも現存しています。外観からも建物の建築年代が想像できます。

024_20210504175701

庭の奥から声が掛かりました。「どう~ぞ!」

とある古民家の奥様です。家に上がらせてもらい、建物の由来をお聞きしていると、奥様からの連絡で、ご当主も戻られました。

家の前を流れる荒井用水は、かつて、「ドンドン」という堰がつくられていました。各家庭の飲料として使われ、野菜の洗い場であり、洗濯の場であり、生活に不可欠な命の水でした。

見て歩きの楽しみの一つが聞き取り。地域の歴史や生活文化の実像をお聞きすることです。1時間余りの聞き取りで、近代秦野の庶民の生活の一端を知ることができました。出会いに感謝!

たばこ乾燥小屋、倉、長屋門のある農家住宅、石積み、湧水など、この日も盛りだくさんの下見ができました。

092

089_20210504175701

059_20210504175701

白笹稲荷の裏手にある、古民家を移築した「白笹うどん」で昼をとり、さらに下見を続けました。

この日の下見の成果を資料にまとめ、コロナ禍が収まったら見て歩きを開催し、秦野の近代たてものの魅力を知る機会にしたいと思います。

 

 

 

 

| | コメント (0)

名古木の棚田の代かき

丹沢ドン会の定例活動日、さわやかな初夏のみどりの風が吹き渡る名古木の棚田で田んぼの代かき。

005_20210501192001

026_20210501192001

028_20210501192001

ようやく棚田に水が行き渡りました。

017_20210501192001

ササヤブを刈り取った東の法面からは光と風が…。

明日の日曜日は東海大学・室田教室の農業体験実習がこの下の田んぼであります。

| | コメント (0)

« 2021年4月 | トップページ | 2021年6月 »