« アジサイ4種 | トップページ | ムクゲの花一つ »

増田昭一さんの墓前に焼香

TBSテレビ終戦69年ドラマ特別企画「遠い約束」の原作者・増田昭一さんがお亡くなりになったのは、昨年12月24日。新型コロナウイルスのパンデミックのさなか、突然の訃報でした。ご家族だけの葬儀が執り行われました。

駆けつけたい想いをどうすることもできませんでした。

5か月余りを経たこの日、小田原駅近くの高長寺の増田さんの墓前にようやく焼香するができました。増田さんの酒匂小学校2年の時の教え子・大野さん、塩海さん、山下さんと私の4人です。

005_20210610161101

014_20210610161101

009_20210610161101

増田さんの自宅でいつもテーブルにあった成城石井のブラックコーヒーを大野さんが用意してくれました。缶コーヒーで献杯しながら増田さんの思い出をしばし語らいました。

022_20210610161101

019_20210610161101

その後、カフェ「空」に移動しました。ここは、増田さん、大野さんとたびたび編集打ち合わせを行った場所。

70年前にタイムスリップするかのような3人のお話に、おおらかな増田先生と子どもたちの深いつながりを垣間見ました。

子どもたちに語った増田さんの満州体験。その物語「満州の星くずと散った子供たちの遺書」を夢工房が出版したのは、1998年8月15日のこと。それから増田さんと夢工房の長いお付き合いが始まりました。

満州の大地で病に倒れ、栄養失調で亡くなり、日本に生きて帰ることができなかったあまたの子どもたち。その思いを生涯にわたり伝えつづけた増田昭一さん。安らかに子どもたちの元へ帰って行かれたのでしょう。

合掌。

 

 

 

 

 

|

« アジサイ4種 | トップページ | ムクゲの花一つ »

編集者日録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アジサイ4種 | トップページ | ムクゲの花一つ »