« アブラゼミ三態 | トップページ | 涼を呼ぶ札掛の渓流とヤマユリ »

棚田の小川崩落個所の補修作業半ば

秦野市から提供を受けた補修資材を使って、棚田の小川の補修作業が、先週、今週とつづいています。

069

7月3日午前のようす。この後も浸食はつづきました。

025_20210725091101 

026_20210725091101

先週土曜日の作業はここまで。

039_20210725091101

昨日の作業。

046_20210725091101

土嚢袋を一つ一つていねいに積み上げます。

054_20210725091101

補修作業はまだまだ来週へとつづきます。

019_20210725091101

この日の名古木。青い空に白い入道雲。

015_20210725091101

田んぼの稲穂が生長しています。

020_20210725091101

名古木の棚田は生き物たちの棲み処でもあります。大きなクモが我が物顔。

058_20210725091101

この日、スズメ除けのカイトを設置しました。

 夏本番、稲穂は、潤う水、太陽のエネルギーを浴びながら生長のピークを迎えます。

スズメやイノシシ・シカなど生き物たちとの知恵比べの季節です。

 

|

« アブラゼミ三態 | トップページ | 涼を呼ぶ札掛の渓流とヤマユリ »

里山・棚田・食べ物づくり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アブラゼミ三態 | トップページ | 涼を呼ぶ札掛の渓流とヤマユリ »