« 野ブドウのグリーン・カーテン | トップページ | 梅雨明けを思わせる丹沢山ろくの空と雲 »

名古木の小川の崩落地補修資材

7月2~3日の大雨による丹沢ドン会のフィールドの小川の護岸崩落について、早急な補修が必要ということで、メンバーによる補修計画と資材調達の案が先週土曜日に出されました。

小川の維持管理は秦野市にあることから、秦野市環境共生課に相談したところ、本日午前、農業振興課の担当者2名と現地で打ち合わせをする段取りに。ドン会からは浜田理事と私。

006_20210714121301

002_20210714121301

早速現場で実測検証。

007_20210714121301

補修計画・図面を説明する浜田理事。必要な資材を確認。

7月17日(土)のドン会活動日に、補修に必要な資材を現物提供してもらう手筈になりました。

013_20210714121301

資材は行政が提供、労力はNPOが担うという、協働の実践を見る思い。

秦野市環境共生課と農業振興課の連携と迅速な対応に驚き、感謝する、NPO活動支援の現場の一コマでした。

 

 

|

« 野ブドウのグリーン・カーテン | トップページ | 梅雨明けを思わせる丹沢山ろくの空と雲 »

里山・棚田・食べ物づくり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 野ブドウのグリーン・カーテン | トップページ | 梅雨明けを思わせる丹沢山ろくの空と雲 »