« 名古木の小川崩落地の補修・復旧作業完了 | トップページ | 神奈川県庁へ »

そばの新芽の疎抜き、稲の登熟進む

例年より早く播いたそばの種。3週を経て、ずいぶん生長しました。

054_20210829111801

052_20210829111801

055_20210829111801

この日は、疎抜き作業。畑では、モロヘイヤやゴーヤなどの収穫。

田植えの早かった田んぼでは、登熟が進んでいます。

064_20210829112001

040_20210829112001

わずかですが稲が倒れているところがありました。稲穂が泥水につかったままでは収穫できません。急きょ10束ほど刈り取り、梅の木に急ごしらえのハザに掛けました。

072_20210829112001

名古木のドン会の棚田では、来週から登熟の進み具合を見ながら稲刈りが始まります。

いよいよ収穫の秋です。

 

 

|

« 名古木の小川崩落地の補修・復旧作業完了 | トップページ | 神奈川県庁へ »

里山・棚田・食べ物づくり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 名古木の小川崩落地の補修・復旧作業完了 | トップページ | 神奈川県庁へ »