« 稲の脱穀と秦野市へ「棚田の生き物図鑑」寄贈 | トップページ | 丹沢ドン会の新米 »

新百合で編集会議

9月22日午後は新百合へ。JAの会議室で編集会議。ふるさとを語る柿岡塾 編集「柿ふる里」の打ち合わせです。

編集委員6名との2時間余りの会議の後、新百合ヶ丘駅の近くのコーヒー専門店へ。さらに細部の打ち合わせを事務局の二人と。

009_20210923102901

010_20210923102901

駅南口のべデストリアンデッキにはモニュメント「ふるさとの詩」がたっています。

変貌を遂げた禅師丸柿のふる里・柿生村。かつての村々の生業・暮らしを聞き取り記録し、若い世代へ伝える地域の人びとのたゆみない営み。刊行までもう少し時間がかかりそうです。

|

« 稲の脱穀と秦野市へ「棚田の生き物図鑑」寄贈 | トップページ | 丹沢ドン会の新米 »

編集者日録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 稲の脱穀と秦野市へ「棚田の生き物図鑑」寄贈 | トップページ | 丹沢ドン会の新米 »