« ウロコ雲と冠雪の富士 | トップページ | 信号待ちでシカに遭遇 »

平日の名古木の棚田

外出の途中、名古木の棚田へ足を運びました。秋空が広がるのどかな里山風景。

午後の陽ざしは西に傾き、ノスリが一羽悠々と風に吹かれて旋回していました。

012_20210930113501

008_20210930113501

田んぼでは、二人の学生が調査活動中。

声を掛けると、元気な返事が返って来ました。東海大学・北野研究室の院生と4学年生でした。

「丹沢山ろく名古木 棚田の生き物図鑑」をすでに読んでいるとのこと。

ドン会のフィールドを活用して、生物多様性を保全するための若き研究者が育ってほしいものです。

|

« ウロコ雲と冠雪の富士 | トップページ | 信号待ちでシカに遭遇 »

里山・棚田・食べ物づくり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウロコ雲と冠雪の富士 | トップページ | 信号待ちでシカに遭遇 »