« 神奈川県庁へ | トップページ | 稲刈り »

東京新聞に名古木の棚田の記事

2021年9月2日付「東京新聞」に丹沢ドン会の名古木の棚田再生活動が紹介されました。「棚田の再生 第二の人生かけ」と題して、生き物たちと共生しながら米や野菜など安全・安心な食べものづくりを進めるドン会の活動を大きく取り上げていただきました。

Img_20210902_0001

また、2017年から3年間、東海大学人間環境学科と慶応義塾大学一ノ瀬研究室の協力を得て実施した名古木の自然調査の成果は、植物252種、クモを除き昆虫484種、哺乳類と両生・爬虫類各15種、鳥類72種の計838種を記録することができました。

自然調査の成果を元に、自然観察ハンドブック『丹沢山ろく名古木 棚田の生き物図鑑』として、丹沢ドン会の30周年記念事業として出版します。

Img_20210902_0002

「名古木の自然の魅力、生物多様性の現状を知り、棚田の原風景を次の世代へ引き継ぐためのテキストとして活用してほしい」とコメントしました。

自然観察ハンドブックはもうすぐ発刊です。

 

|

« 神奈川県庁へ | トップページ | 稲刈り »

里山・棚田・食べ物づくり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 神奈川県庁へ | トップページ | 稲刈り »