育児

★くんと☆ちゃんがお参りした「神明神社」が消えた!

★くんと☆ちゃんの子育て支援の際、天気が良ければ、たいてい近くの公園めぐりをします。北公園~東公園~くざわ公園~南公園~くず葉の広場、そして最後に西の公園です。その日の★くんと☆ちゃんの要望で、1か所だけ、2~3か所の場合、そして時にはフルコースもあります。
フルコースの場合は、全行程2時間余り。山あり、川ありの大冒険!? その途中に、お宮さんが2つあります。お賽銭は入れないのですが、必ず立ち寄り、手を合わせてお願いをしています。
「お母さんが死にませんように!」
何をお願いしたの? と聞いた時の☆ちゃんの答えにびっくり。
2022
1982
3月下旬にフルコースの散歩したときの「神明神社」です。
0122
ところが、3か月後の6月下旬のフルコース散歩のときには、 お社も、鳥居も跡形もなく消えているのです! コンクリートの階段だけがそのままに…。
「ええっ!」「なんで?」
0142
近くにあった道祖神などの石造物は、何事もなかったかのように、そのままたたずんでいました。もちろん、無くなった理由を聞いても答えはありません。
0783
仕方なく、★くんと☆ちゃんはすぐ近くの「金毘羅大権現」のお社でお参りし、葛葉川の石投げに向かいました。
本当に何故!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年うららかな初春の日に

2016年元旦、丹沢山ろくはうららかな春を思わせる日中となりました。★くん、☆ちゃんたち家族、下の娘夫婦が我が家に集い大にぎわい。
2日、箱根駅伝のテレビ中継のさ中、私は★くん、☆ちゃんと探検へ。
2832
最初に近くのお宮さんへお参り。
「今年もよろしくお願いします!」
2912
2992
畑の道を通り、いつもの富士山のビューポイントへ。 手前に少し雲がかかっていましたが、きりりと白い富士が姿を見せていました。
2人はいつもの公園でひとしきり遊んだ後に、葛葉川の河原へ。踏み石を渡り、この日はさらに奥の林に向かいました。
道中、双眼鏡とカメラを首に掲げた、くずはの家の女性指導員にお会いました。2016年丹沢自然塾の「水辺ウォーク+野鳥観察」の企画についてご相談してしまいました。
3022
3122
葛葉川の雑木林を抜け丘の上へ。
このお宮さんでも「パンパン」。
3162
丘の上の空き地からは表丹沢の峰々が望めました。
いま来た道を帰ります。雑木林では幾種類もの野鳥がさえずっています。
葛葉川では、☆ちゃんも水切りの練習をしました。★くんの水切り、この日は3連どまり。
3232
★くんは気になる鳥や植物を写真に撮ります。
この日の探検は2時間余り。おなかをすかせた2人は、お昼をお替りするほどの食欲でした。
良き1年でありますように!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆ちゃんの音楽会

☆ちゃんが通っている保育園の音楽会が開かれました。
秋の運動会の時は、園児1人につき参観者は2人までということで、見に行くことができませんでした。今回は制限なし。連れ合いと一緒に出掛けることに。
0762
会場は、園児の両親・兄妹、祖父母などの参観者でいっぱい。子どもたちは入れ代わり立ち代わり、歌ったり、踊ったり、演奏したりと、日ごろの練習の成果を披露してくれました。
衣装はすべて園の手作り。子どもたちも一緒に手伝ったと言います。スタッフと園児たちの日ごろの関わり方、いい関係が伝わって来る音楽会となりました。
最初は少し緊張気味だった☆ちゃん。雰囲気に慣れてくると、本来の☆ちゃんが顔をのぞかせました。歌の合間にこちらに向かって手を振ったり、「○〇〇ちゃん(私のこと)、ビデオ撮って!」と声をかけたり、やりたい放題!?
1562
すべてのプログラムを終えると、どこからともなくサンタクロースが現われました。 大きな白い袋の中にはクリスマスプレゼントがいっぱい。
サンタのおじさんから一人ひとりプレゼントをもらった子どもたちは大喜び。 お父さん、お母さんと三々五々、家に帰りました。
手づくのり音楽会は、園のスタッフのみなさんの温かさがそのまま伝わって来るようでした。のびのびと子どもたちが成長できますように、これからもどうぞよろしくお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小春日の公園で★くん、☆ちゃん走り回る

11月下旬の夕方、久しぶりに★くん、☆ちゃんが我が家で宿泊研修。順番にお風呂に入れ、連れ合いの手作りの夕食を食べ、ひと遊びしてからお布団に。
翌日は、学校も保育園もお休み。朝はゆっくりかと、布団の中でぐずぐずしていると、階下からにぎやかな声が聞こえてきました。休みの日の子どもの朝は早いのです。
0582
0742
朝食をパクパクと食べ終えると、「公園で遊ぼう!」 の大合唱。 風のないポカポカ陽気の公園へ繰り出しました。
0662
公園のまわりを探検。子どもは何でも遊びにする天才。
0772
小春日の公園には、近くの保育園の子どもたちも散歩に来ました。
0722
公園遊びの帰りの道すがら、西の空には白い富士山がそびえていました。 近くでは、新築の建前の槌音が聞こえていました。 のどかな小春日の一日、当たり前の風景が壊れないようにと願うばかりでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

★くんの夏休みもあとわずか

2~3日前から、朝晩が過ごしやすくなりました。あけ放った窓から流れ込む近くの木々のセミの声も心なしかよわよわしく聞こえます。ミーン、ミーン、ミーン、ミーン。ジージージー。夕方には虫の声も。
丹沢山ろくの盆地の街の小学校の夏休みもあとわずか。なが~い夏休み、子どもたちは元気に過ごしたことでしょう。
孫の★くんは、お母さんが勤め始めたこともあり、夏休み中もときどき我が家に。今朝も車で迎えに行き、一緒にわが家へやって来ました。
0072
風邪もひかず、元気に夏休みを過ごしたご褒美に、原ゆたかさんの「かいけつゾロリ」シリーズの本を★くんにプレゼント。
ことば遊びに目覚め始めた★くん、さっそく読み始めました。いろんなものに出会って、こころを育ててほしいもの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あな、雪と見まごう花風吹と公園遊び

先の休日、ママはバレーボールの試合。子育て支援ということで、私と連れ合いの出番です。★くん、☆ちゃんがわが家にやって来ました。

一息つくと、☆ちゃんは、「とおい公園に行こう!」と私を誘います。最初は渋っていた★くんも、二人が準備を始めると、「オレも行く」と先を争って玄関へ。

家の周りの道路には桜の花びらが・・・。連れ合いは連日、道路に張り付いた花びらの掃除に四苦八苦。花を見上げて愛でる人、落ちた花びらを掃除する人・・・。桜の花も功罪相半ば・・・。

とおい公園には、あな、雪と見まごうような花びらが、一面に敷き詰められていました。時折、一陣の風が枝を揺らし、花吹雪が・・・。

それを★くんは帽子をかざしてつかまえようとします。花びらはフワリフワリととらえどころがありません。あっちへ行ったり、こっちに来たり。

「つかまえたー!」

ときどき歓声があがりました。

Dscn90952

Dscn90922

Dscn91012

ブランコ、すべり台、かけっこ、砂場でケーキづくり、鉄棒、木登り。いつもの遊びが終わると、公園のまわりの探検が始まりました。タンポポを見たり、ヤマブキの花びらにさわったり、子どもの遊びは果てしなく続きます。

「のどがかわいた~」

「家に帰って水を飲んでから川に行こう!」

ということで、2時間近い公園遊びをひとまず終えて、わが家に帰りました。はてさて、そのあとは・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東海大学付属本田記念幼稚園の卒園式でウルウル

伊勢原市にある東海大学付属本田記念幼稚園の「2014年度卒業証書授与式」に参列しました。

NPO法人自然塾丹沢ドン会の名古木の復元した棚田のフィールドへ、これまで何回も園児たちが訪れ、自然の中で田んぼの生きものたちと触れ合ったというご縁があり、心をかけていただいているのです。

生物多様性が大切なのはもちろん、それぞれの個性や特性を互いに尊重する、人間の多様性こそ大切なのではないかと、改めて感じさせてくれた卒園式でした。

卒業する73名の園児たちは、園長の庄司暢道先生から卒業証書を受け取ると、「ありがとうございました」と挨拶しました。

201503141638510001

年少の時、お母さんと握った手をはなすのが悲しかったです。

鉄棒ができるようになりました。嬉しかったです。

ジャングルジムのてっぺんに登ることができました。風がとても気持ち良かったです。

友達がたくさんできました。いっぱい遊んで楽しかったです。

バルーンをみんなで上げることができました。楽しかったです。

年少の時、優しく声をかけてくれた年長さん。年長になったから今度は年少さんに声をかけました。

3年間の本田幼稚園における思い出のエピソードを一人ひとりが話しました。言葉を選んで自分の気持ちを伝えました。一人ひとりの園児の3年間の成長は目を見張るものがありました。目頭がウルウルしたのは、花粉症のせい? ばかりではありませんでした。

毎日の生活・遊び・学びが、こころと体を育みました。つよく優しいこころと体が育ったのは、父母、家族、先生、地域の支えがあったから・・・。

出会いと別れ、73名の園児たちは、もうすぐ、それぞれの地域の小学校に入学します。一人ひとりの子どもたちは、地域、社会、未来への希望です。

大きく育て! 子どもたち。

大人社会が、その行く手を阻んではなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バレンタインデー「スノーボール」と☆ちゃんの石投げ

バレンタインデーを前にしたある日、娘夫婦たちの子育て支援は☆ちゃんの預かり保育。連れ合いと迎えに行くと玄関先で☆ちゃんは走って飛びついてきました。そのまま、「たか~い、たか~い」をすると、満面の笑みを浮かべて喜びます。

Dscn82222

☆ちゃんのママから、「はい、これ。少し早いけど…」と手渡しされたのが、手作りのスノーボール。最近ママはお菓子づくりにはまって? います。

我が家に着いた☆ちゃん、しばらくすると、「こうえんに行こうよ!」とせがみます。風もないポカポカ陽気。連れ合いと3人で出かけました。

まずは、くずはの吊り橋を渡って「くずはの家」の高橋館長さんに書類を届けました。今年の秋に開催する丹沢自然塾の一コマに、くずはの家で高橋さんに「丹沢の緑と水とホタル」について話していただくことになり、その案内を持参しました。

あいにく高橋さんは不在でしたが、スタッフの女性が対応してくださいました。☆ちゃんも一緒にくずはの家に入り、展示されている模型や作品に興味津々。「これな~に?」の連発、でも、帰りぎわには「サヨ~ナラ」と言えました。

☆ちゃんはいつもの河原に向かいます。階段を「トン、トン・・・」と言いながらおります。

Dscn82482

☆ちゃんは、大きな石、小さな石を手にして「エイッ」と投げます。

「ドボ~ン」「ポチャ~ン」

時には両手で「エイッ」。水しぶきがかかり、「あめ~」と声を上げたり。飽きることがありません。

Dscn82762

でもさすがにちょっと休憩。石に腰を下ろし、「おいで~」と手招き。一緒に腰を下ろし、水を飲み、おやつタイム。

Dscn82792

遊び疲れた☆ちゃん、上りの坂道は連れ合いに抱っこ、公園の中は私に負んぶ。でも、住宅地に入ると、先頭切って歩きます。

Dscn82832

Dscn82912

Dscn82942

自宅近くの公園まで来ると☆ちゃんは、「こうえんであそぶ・・・」と、走り出しました。

すべり台、ゾウさん・パンダ・キリンの遊具、シーソー、鉄棒、砂場と、順繰りに何回も何回も・・・。

こころゆくまで遊べ! ☆ちゃん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぽかぽか陽気の丹沢山ろく名古木の棚田へ★くん☆ちゃんと

温かな日差しが降り注ぐ名古木の棚田へ、★くんと☆ちゃんと連れ合いの4人で出かけました。

Dscn45062

周囲をぐるりと里山に囲まれた名古木の棚田は、風もなくぽかぽか。

Dscn44582

連れ合いが用意してくれたお弁当を食べ終わると、子どもたちは田んぼのあぜ道をあちらこちら走り回りました。

Dscn44942

★くんは霜柱を見つけて不思議そうに手に取ります。

Dscn44892

☆ちゃんはどんどん枯草の中に入り、植物の種が服にいっぱい。

泥んこになった長靴を湧水で洗い、家に帰ろうとしますが、☆ちゃんは「まだ帰らな~い!」と田んぼの風景がお気に入り。

それでも、一度家に帰り、今度はいつもの近くの公園に★くん、☆ちゃんと3人で出かけました。

Dscn45102

小さな石、大きな石を☆ちゃんは際限なくポーン、ポーンとくず葉川に投げています。時々大きな石が近くに落ちてドボーンと水しぶきを浴びながら…。

Dscn45192

この日は、くず葉のつり橋をわたって「くず葉の家」まで足をのばしました。吊り橋ではゆっさゆっさと橋を揺らすしぐさを。

Dscn45282

西に陽が傾くころに、いつもの急坂の小道を通って家路につきました。歩き疲れた☆ちゃんは、家に戻ると連れ合いに負んぶされて眠ってしまいました。

★くん、☆ちゃんのぽかぽか陽気のあっという間の長~い一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インフルエンザもなんのその、☆ちゃんは元気!

インフルエンザが流行しています。★くんの小学校の他のクラスの「学級閉鎖」という新聞記事を見ました。

さらに、★くんのパパがインフルエンザにかかりました。子どもたちにうつさないための対策が、パパとママ、そして私の連れ合いの間で話し合われました。

パパのインフルエンザ対策を終えて、ママと★くん、☆ちゃんは、我が家に避難宿泊することになりました。ところが、その迎えの車の中で★くんに熱が出ました。急きょ、クリニックに行き受診すると、★くんにはインフルエンザA型の診断が下りました。

この上さらに、☆ちゃんにインフルエンザがうつっては大変。★くんと☆ちゃんの接触をできるだけ避けるために、寝る場所、食事のタイミングなどに細心の注意を払いました。

2日間、☆ちゃんは私の隣の空いているベッドで眠りました。さすがに寝付く時はママが添い寝していましたが・・・。

翌朝、目覚めた☆ちゃんは、目をこすりながらこう言いました。

「ママは?」

「ママはもう起きてご飯の用意をしているよ。トイレでオシッコして、ママをびっくりさせようか?」

「うん」

いつもはなかなかトイレに行こうとしない☆ちゃんですが、この日は進んでトイレに行きました。

「ママー! オシッコしたよ!」

走って行った☆ちゃんをママはしっかりと抱きかかえました。

Dscn41902

★くんの担当はママで、☆ちゃんの担当は我が連れ合いと私です。

Dscn42742

「花火だよー!」 ☆ちゃんは、家の中をところ狭しと遊びまくります。

Dscn42612

連れ合いのまねをして、「おそうじ、おそうじ」。

Dscn42982

Dscn43092

近くの公園に☆ちゃんと遊びに出かけました。鉄棒、すべり台、ブランコ、砂場で道や富士山をつくります。

子どもの想像力は果てしなく広がります。

怒涛のような2日間。★くん、☆ちゃんは帰りました。

治癒証明のおりたパパは会社に、★くんは学校に行きはじめました。いまのところ、☆ちゃん、ママ、連れ合い、私ともにインフルエンザの兆候はありません。

☆ちゃんは相変わらず元気に家じゅうを走り回っていることでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧