編集者日録

講演「小田原・箱根の出版文化を伝える」をUMECOで

2022年10月1日(土)午後、おだわら市民交流センターUMECOで、第46回「西さがみ文化フォーラム」が開催されました。

私の講演のテーマは、「小田原・箱根の出版文化を伝える~夢工房34年の人と本」。パワーポイントを使い、小田原・箱根・丹沢山麓などで出会った人と本について2時間あまり話しました。挿入した本は80点ほど。市販本200点余り、自費出版本500点ほどの34年間の夢工房の出版活動のごくごく一部でしたが、感謝の想いを込め、それぞれの本と人にまつわるエピソードを紹介しました。

012_20221005163001

014_20221005163001

近代以降、小田原・箱根において刻まれてきた出版文化創造のたゆみない営み。夢工房がつないだバトンは如何ほどのことがあったでしょう。忸怩たる思いもありますが、精いっぱいの34年間。関わっていただいた読者・著者・街の本屋さん・印刷・製本・マスコミ・ミニコミなど多数の方々にお礼を申し上げます。

「ありがとうございました!」

講演を終え、サプライズで80名近い参加者に、A5判86ページの当日の原稿をまとめた冊子「小田原・箱根の出版文化を伝える~夢工房34年の人と本」を1冊ずつプレゼントしました。せめてもの感謝の気持ちです。ありがとうございました。

Img_20221005_0009

生涯一編集者~私の活動はこれからもつづきます。

『これまでありがとう! これからもよろしく!』お願いいたします。

 

| | コメント (0)

ソバの白い花満開

丹沢ドン会の名古木の棚田の横の畑。ソバの白い花が満開です。

130_20221001090501

132_20221001090501

今日午後2時から、小田原市民交流センターUMECOで第46回「西さがみ文化フォーラム」が開催されます。

「小田原・箱根の出版文化を伝える~夢工房34年の人と本~」と題して、私が2時間ほど講演を行います。

Img_20220929_0002

東京新聞・神奈川版で告知記事が掲載されました。

どうなることやら!?

| | コメント (0)

朝焼けと名残りの月

5時少し前、窓から入る涼やかな風に目が覚めました。カーテンを引くと青空に浮かぶ雲が朝焼けに染まり、名残りの月が浮かんでいました。

007_20220816073001

004_20220816073001

006_20220816073001

今日も暑くなりそうです。

早起きしたのは、8月23日(火)に小田原市民交流センター・UMECOにおいて開催される、第46回西さがみ文化フォーラムの準備作業が大詰めのため。

「小田原・箱根の出版文化を伝える~夢工房34年の人と本~」と題して、2時間ほど私が話をすることに。

どうなることやら!? 精一杯の準備を。

| | コメント (0)

増田昭一さん追悼の記事掲載

2022年7月9日付「神静民報」文芸欄に、「追悼 増田昭一」の記事が掲載されました。

Dscn45792

2

生きて日本に帰ることができず、満州の土に還った戦争孤児たち。「僕たち、私たちが生きた証しを書き残して!」という悲痛な叫び、願い。

何度も死の淵に沈みそうになりながらも、子どもたちとの約束を果たすために増田さんは立ち上がり、日本の土を踏むことができました。

「満州の星くずと散った子供たちの遺書」「約束」「戦場のサブちゃんとゴン」の戦争孤児の物語3部作と2冊の絵本「ともちゃんのおへそ」「来なかったサンタクロース」を世に問い、三部作は、終戦69年TBSドラマ「遠い約束~星になったこどもたち」になりました。

Img_20190622_0001 

増田昭一さんは、2020年12月24日、戦争孤児たちが眠る大地に還られました。

増田さんの教え子で、自身も満州から引き揚げた体験を持つ大野正夫さん(高知大学名誉教授)がは故増田昭一先生を想う」を寄稿されました。

私は「増田昭一さん、戦争孤児との約束を果たして逝く」を書きしるしました。

「今また、ウクライナへの侵略戦争の戦禍がリアルタイムで報じられている。孤児たちと増田さんの「二度と戦争はしないで!」という祈りをかき消すように」

めぐり来る暑い夏。77回目の終戦の日がもうすぐです。

| | コメント (0)

オーラルヒストリー「柿ふる里」

2022年2月20日(日)付、神奈川新聞「照明灯」にオーラルヒストリー「柿ふる里」の記事が掲載されました。

Img_20220220_0001

「埋もれていく記憶を口述筆記によって残す取り組みが、他の地域でも行われるといい」という末尾の文章。「柿ふる里」刊行に取り組まれた「ふる里を語る柿岡塾」のメンバーのご苦労が報われた思いです。

| | コメント (0)

秦野ビジターセンターで特別展「山青く水清きふるさと丹沢」開催

2022年1月22日から1か月ほど、秦野ビジターセンターで、丹沢資料保存会20周年記念特別展「山青く水清きふるさと丹沢」が開催されます。会場で頒布することになった「ふるさと宮ケ瀬~渓谷の村から~」(夢工房)の納品にビジターセンターに出かけました。

004_20220121162001

006_20220121162001

会場には、丹沢の自然、かつての山麓の農村風景や伝統行事の写真が多数展示されていて、なかなかの見応えです。故奥野幸道さんの写真などが、懐かしい「ふるさと丹沢」を現代によみがえらせてくれました。

その会場で、ビジターセンターの館長さんやスタッフとしばし歓談。

005_20220121162001

つり橋の向こうには真っ青な空が広がっていました。

| | コメント (0)

如水会館で2年ぶりのランチ

『相場観は人生観~個人投資家の「守護神」大山英夫の投資哲学』の著者お二人とおよそ2年ぶりにお会いしました。

003_20211125091301

東京・如水会館のレストランでランチ。外で飲むビールが美味い!

新型コロナウイルスによるパンデミック。世界規模の混乱の中、この2年間の世の動きや身辺雑事を、「コロナのせいで…」と同時に「コロナのお陰で…」と話は尽きませんでした。

お一人は埼玉から、お一人は北鎌倉から。リモートではなく顔つき合わせてのひととき。

「友あり 遠方より来る」

を実感した半日でした。

| | コメント (0)

「散歩の達人」12月号に丹沢ドン会の名古木の棚田

月刊誌「散歩の達人」12月号に、丹沢ドン会の名古木の棚田が紹介されました。

「ニッポン面影散歩」第5回、「名古木(ながぬき)の棚田」「いろんな生き物が集まる、豊かな”隠れ棚田”」。

002_20211122093901

「車の音がまったくしない別世界」

003_20211122093901

「隠れ棚田は生き物の楽園だった」

005_20211122093901

カラー3ページ。清野明さんの記事です。

001_20211122093901

12月号の特集は「神楽坂・飯田橋」。出版社勤めの編集者のころ、神楽坂周辺を歩きまわりましたが、その様変わりに驚きました。

087_20211122093801

清野さんのていねい取材・記事に感謝。

| | コメント (0)

「空に鳥 森にけもの 川に魚を」発刊

NPO法人丹沢自然保護協会の60周年記念誌「空に鳥 森にけもの 川に魚を」を発刊しました。

A5判縦組み、216ページ、オールカラー。定価:本体2700円+消費税(夢工房刊)です。

002_20211104090301

丹沢自然保護協会61年のあゆみを、全国の自然保護運動や戦後の社会・経済の動きの中に位置づけ、平易な文章とカラー写真で記録しました。

先人たちの、丹沢の自然への想いがあふれ、未来の子どもたちへのメッセージが全編に宿ります。掛け替えのない丹沢の自然を次世代へ継承するためのバイブルとなりました。

 

| | コメント (0)

新百合で編集会議

9月22日午後は新百合へ。JAの会議室で編集会議。ふるさとを語る柿岡塾 編集「柿ふる里」の打ち合わせです。

編集委員6名との2時間余りの会議の後、新百合ヶ丘駅の近くのコーヒー専門店へ。さらに細部の打ち合わせを事務局の二人と。

009_20210923102901

010_20210923102901

駅南口のべデストリアンデッキにはモニュメント「ふるさとの詩」がたっています。

変貌を遂げた禅師丸柿のふる里・柿生村。かつての村々の生業・暮らしを聞き取り記録し、若い世代へ伝える地域の人びとのたゆみない営み。刊行までもう少し時間がかかりそうです。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧