夢日記・コラム

名古木ウォ―キング&「道祖神と庶民の暮らしを学ぶ」

この日の名古木の棚田には、低く薄く雲が流れていました。

Dsc_0032

前日の天気予報通り、朝方には雨は止み、曇り空。絶好のウォ―キング日和。

Dsc_0022

出発前の元気な参加者。

Dsc_0029

いざ名古木の棚田を出発。

Dsc_0035

最初のポイント・名古木の馬頭観音の説明をする、この日のガイド「まほら秦野みちしるべの会」会長・横山信子さん。

Dsc_0055

善波峠の下から秦野盆地を望みながらR246方面へ。

Dsc_0074

秦野たばこの先駆者・草山貞胤に師事し、葉煙草耕作の技術向上に多大な功績を残した関野作次郎生誕地で、ご当主から説明を受けました。

Dsc_0069

ダンディーな関野作次郎氏。奥様からは麦茶とジュースのおもてなしを受けました。ありがとうございます。

Dsc_0095

Dsc_0110

御嶽神社で昼食を摂り、午後からは、ドン会名古木ベースで武勝美さんの講演「双体道祖神発祥の地 秦野」をお聞きしました。

Dsc_0101

チーム「竹の子」の関智子さんによる紙芝居「目一つ小僧」の上演も。

約3時間5キロのウォ―キングと道祖神が全国5番目に多い「道祖神のふるさと秦野」の庶民の暮らしをじっくりと学ぶことができた一日でした。

 

| | コメント (0)

ホトトギス咲く

各地の台風19号の甚大な被害の報に心が痛みます。被災地の復旧の一日も早いことを祈ります。

台風一過の昨日の青空とは打って変わって、この日は朝から雨模様。気温もグンと下がりました。

庭には、シュウメイギク、ホトトギス、赤ミズヒキの花が雨に濡れています。いつの間にか季節は秋のただ中。

Dsc_0180

Dsc_0178

Dsc_0183

 

| | コメント (0)

ドン会のそば畑で疎抜き作業

今日は丹沢ドン会の定例活動日。そば畑では、2週間前に播いたそばの種が芽を出し20センチほどに成長。密植しているそばの茎を間引きました。

疎抜いたそばの茎はさっとゆでておひたしにするとこの上なく美味。

Dscn84512

Dscn84462

Dscn84452

10月初旬には白い花が咲き、11月中旬には刈り取り。12月14日には、恒例の伊勢原雨岳文庫で「新そばの手打ち体験教室」を開催します。

ドン会のそばは、挽き立て・打ち立て・茹で立て・香り立ての四立て。

種まきから始めるそばの醍醐味です。

 

| | コメント (0)

第3回「丹沢こども自然塾」開催

台風6号の影響で1週間延期していた第3回「丹沢こども自然塾」を8月4日に開催しました。炎天下、NPO法人自然塾丹沢ドン会と秦野市の共催、慶応大学一ノ瀬研究室「生物多様性秦野プロジェクト」の企画・指導です。

Dscn27782

この日の名古木の棚田。

Dscn29782

この1週間のカンカン照りで稲穂は出そろいました。

Dscn27822

秦野市環境共生課・越塚さんのあいさつ。

Dscn28002

記念撮影。この日の参加者は、この後も駆けつけ、総勢50名余り。

Dscn28382

Dscn28542

Dscn30602

Dscn30102

2班に分かれて、「自然のふしぎクイズ」「生き物採取・観察」「竹細工・ササ舟づくり」に挑戦!

子どもたちは泥んこになりながら暑さもなんのその、名古木の田んぼの周辺の自然を満喫。お父さん・お母さんも子ども時代に帰って自然体験。

Dscn31112

最後に、手づくりの竹ぽっくりで歩きまわり、ササ舟を水路に流して楽しみました。

Dscn30902

木の枝に取り付けたロープでは、子どもたちがブランコ遊び。

夏休みの一日、自然の大切さや付き合い方を親子で学んでくれたことと思います。

| | コメント (0)

鹿の子ユリ咲く

梅雨明け後の連日の猛暑の中、陽の傾き始めるころから、連れ合いが荒れ放題の庭の剪定作業に取り組みました。先を越されたものの、大きな木の選定は私の出番。翌日の夕方から大汗をかいて作業するものの1日では終わらず、なか1日を挟んで2日間かけて何とか庭の中を風が通り抜けるまでに。

緑の風が通り抜ける我が家の庭の一隅に鹿の子ユリが咲いているのを見つけました。

Dscn27732

Dscn27712

作業中はシャッターを押す意欲もわかず、翌朝撮った写真です。朝陽を浴びて何やら妖艶な色合いです。

庭に咲くさまざまな花たちが季節のうつろいを伝えてくれます。

 

 

| | コメント (0)

丹沢自然塾「田んぼの生き物観察教室」に90名近い参加者

2~3日前から天気予報に一喜一憂しましたが、当日丹沢山ろくは朝方には雨は上がり曇り空。7月6日(土)は、予定通り丹沢自然塾「田んぼの生き物観察教室」を開催しました。NPO法人自然塾丹沢ドン会・秦野市・NPO法人神奈川県自然保護協会の共催です。

Dscn24612

Dscn24702

Dscn25162

Dscn25962

Dscn26592

記念撮影の後、最初の1時間は丹沢ドン会のフィールドを歩きました。ドン会の金田専務理事が名古木の「さとやま」の現状を説明し、北野先生が名古木の自然調査の成果を話しました。

水分補給の後は、田んぼの畦や小川で生き物採取。子どもたちは田んぼに入って網を振るいました。そして、この日捕まえた生き物たちを北野先生が解説し、最後に田んぼにリリース。

大人たちも童心に帰って田んぼの生き物の生態を学び、人の手が入ることによって保たれている「さとやま」の豊かな自然を堪能しました。昼食の後には、参加者の一言トーク。北野ゼミの学生9名、この日参加の高校生2名も名古木の自然度の高さ、生物多様性の豊かさに驚きの声を上げていました。

子どもたちの歓声が棚田にこだまし、親御さんや若者たちの熱気にドン会メンバーもエネルギーをいただきました。

| | コメント (0)

アジサイの季節、ムクゲの花咲く

梅雨真っ盛り。我が家の庭では挿し木で増えたアジサイの花が雨に濡れています。

Dscn24062

少し早いのですが、ムクゲの花も咲き始めました。

Dscn24012

Dscn24102

緑に映える花たちを眺めながら朝のコーヒーをいただきました。

| | コメント (0)

第26回透谷祭開催

5月16日、小田原駅近の高長寺で第26回透谷祭が開かれました。

小田原が生んだ詩人・思想家である北村透谷の没後100年のときに「透谷祭」を開催して以来今年で26回を数えます。会の主要メンバーであった井上映画監督、金原左門中央大学名誉教授、児童文学研究者湯山厚さんは、すでに透谷のそばに逝かれ、透谷祭そのものが一つの歴史になりました。

Dscn1733

Dscn1752

この日は、60名近い参加者。オープニングは安藤香織さんの歌。北村透谷作詞・雨宮伊之助作曲の「蝶のゆくえ」、正田美智子さん作詞の「ねむの木の子守歌」、北原白秋作詞の「この道」の3曲。

話題提供者3名のレポートの後は、この日の司会・蛭田さん(落語家柳家三三さんの父親)の名進行で参加者のフリートークが時間いっぱいまでつづきました。

来年は、透谷の詩を作曲したもの2曲を安藤香織さんが歌うことも急きょ決まりました。

小田原の文学者たちを顕彰し、伝える市民の活動はこれからもつづきます。

 

| | コメント (0)

田植えに向けて代かき・畦塗り

緑深まる秦野市名古木の丹沢ドン会の棚田では、田植えの準備に大忙し。五月晴れの土曜日は、2019年第2回丹沢自然塾「田植えの準備教室」を開催しました。

Dscn16882 Dscn16832 Dscn16982

丹沢ドン会のメンバー・自然塾生が、スコップ・クワなどを手に手に、代かきや畦塗りにいい汗をかきました。

冬の間の干天が影響しているのでしょうか、水不足が深刻です。

でも何とかこの日の作業を終えて「ばんざ~い!」

5月25日の田植え本番に向けて、雨降り山の異名を持つ大山に雨乞いをしたい心境です。

| | コメント (0)

アヤメ・クレマチス咲く

2019年5月1日、令和の1日は雨模様。

Dscn14402

Dscn14442

我が家の庭は、カキ・梅・フヨウ・イチョウなどの若葉で緑一色。雨に濡れた新緑の中にアヤメやクレマチスが紫色の花を咲かせています。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧