夢日記・コラム

2017年「丹沢自然塾」の塾生募集

NPO法人自然塾丹沢ドン会では、2017年「丹沢自然塾」の塾生募集を開始しました。ドン会ホームページには、5月13日(土)の「開講オリエンテーション+棚田の種まき教室」から始まる年間10回のカリキュラムが掲載されました。http://www.donkai.com からご覧ください。
 
また、今年の夏休みには、都会の子どもたちに丹沢山ろくに来てもらい、名古木の棚田で自然体験、生き物観察、自然の中で自ら遊びをつくり出し、さらに自然の仕組みを学ぼうという「子ども自然塾」を開催する予定です。その受け入れのスタッフに名乗りを上げてくれた学生4名とドン会の金田さんと私で、打ち合わせを行いました。
 
この日は、「①自然の仕組みを学ぶ、②自然の素材を使ってものづくりをする、③自然の中で遊びをつくり出し五感を解き放って遊ぶ」を軸に、考えられるさまざまなメニューを出し合いました。
 
オリエンテーリング方式で遊びながら自然を学ぶ、木にロープをかけてターザンごっこ、土手のすべり台、竹や枝葉などを使った盆栽づくり、竹トンボづくりなどなど、さまざまなアイディアが出されました。ドン会のフィールドを歩き、この自然環境の中で都会の子どもたちが生き生きと遊び、学ぶ姿を想像するとワクワクしてきました。
 
学生たちは、自然のビオトープづくりにも取り組んでいます。湧き水をためて溜め池を作り、どのような生き物たちが帰ってくか観察していく予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春めく名古木の棚田で2016年度「丹沢自然塾」修了式

土手や畦のふちに菜の花が咲き誇る秦野市名古木の復元棚田で2016年度「丹沢自然塾」苗床づくりと修了式を開催しました。
 
Dscn85662
Dscn84692
Dscn85212
Dscn84902
Dscn86082
 
苗床づくり、あぜ塗りを終えて「ばんざ~い!」
 
Dscn85072
 
土手の上の畑は、やぶを刈り払い、風通しが良くなりました。春の作付けの準備作業です
 
Dscn86102
 
こちらもつられて「バンザ~イ!」
Dscn86342
昼食には、ドン会特製の野菜・シイタケ入りのみそ汁を振るまいました。この日の参加者は48名。ドン会メンバーのハイキング仲間3名や、神奈川県自然保護協会の会員一人も加わり、名古木の棚田は春爛漫。
昼食の後の「丹沢自然塾」修了式では、皆勤賞2名を含め、20名近い塾生に記念のブックレットが贈られました。
2017年度も丹沢ドン会の活動に参加したいという、熱い思いがそれぞれの参加者から語られました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅の花咲き、☆ちゃんと公園めぐり

我が家の庭は、2種の梅が咲きそろい、春色の装いに包まれています。
 
Dscn81902
 
Dscn81942
 
クリスマスローズのピンク色が濃くなりました。
 
Dscn82012
 
Dscn82022
 
★くんがインフルエンザにかかりました。妹にうつしては大変、緊急避難ということで、今夜は ☆ちゃんは、わが家にひとりで宿泊です。
 
家に着くなり、いつもの公園めぐり。
 
Dscn82152
 
ところが、今日はいつもと違うコースです。
 
Dscn82112
 
ツバキの花が色鮮やか。
 
Dscn82572
 
コンクリートの砕石の中にハートを見つけ大喜び。
ひとり宿泊は、日中はいいのですが、夜になったらどうなることやら…。
「ママがいい…」
子どもの成長は、あっという間。いまをゆっくりとていねいに支えていきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

危機を乗り越えたシンビジュウムの花咲く

30年以上も前にわが家に初めてやってきたシンビジュウム。幾たびかの株分けを経て、現在では20鉢ほどに増えました。
 
最初の内は、室内で育てていましたが、いつの間にか、出窓の下に階段状の棚をしつらえ、そこに並べて鑑賞するようになりました。冬の寒さ対策は、簡易ハウスのようにビニールでおおって良しとしていました。
 
ぞんざいな扱いを受けたシンビジュウムは、その内に花付きも悪くなりました。手入れをしながら連れ合いは、思わず「そろそろシンビジュウムを処分しようかしら?」と独り言。
 
それを聞きつけたのでしょうか。11月半ば過ぎから、あちらの鉢、こちらの鉢にシンビジュウムの花芽が現われました。生命の危機を感じたシンビジュウムの逆襲です。
 
気をよくした連れ合いは、ある晴れた日の昼下がり、花芽を付けたシンビジュウムの鉢だけを室内へ移動しました。ほどなくつぎつぎと花を咲かせるシンビジュウム。
 
Dscn22562_2
Dscn22582
当面の危機を脱したシンビジュウムの行く末は誰もわかりません。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガパオライスを食べる

横浜の娘夫婦のところへ久し振りに連れ合いと二人で出かけました。昼食に食べたのが生まれて初めてのガパオライス。今はやりのタイ料理です。
Dscn22422
台所に立つ娘夫婦が、野菜の切り方、炒め方と役割分担して、あっという間に調理し、テーブルに並べてくれました。私自身は初めての料理ということで少し身構えたものの、食べ始めたらスプーンが止まりません。美味しくいただきました。
Dscn22452
食後は、横浜青葉区みすずが丘にあるパティスリー「アン・プチ・パケ」の、素材のたしかさを感じさせるケーキを愉しむひとときとなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

霜柱立つ名古木で丹沢ドン会2017年棚田開き

2017年1月7日(土)、風もない穏やかな空のもと、NPO法人自然塾丹沢ドン会の「2017年棚田開き・活動はじめ」の集いを催しました。
 
Dscn19452
Dscn19282
 
風もなくポカポカ陽気の名古木の棚田。でも田んぼには霜が降りていました。
 
Dscn19572
 
年男・年女の3名が、若水とお神酒を田んぼに注ぎ、1年の豊作を祈念。
 
Dscn19622
 
この日の参加者・記念写真を一枚。
 
Dscn19752
Dscn20022
 
午前中は、畑の野菜の収穫と周囲のササ藪の刈り払い。年末の刈り残しの宿題を無事にこなし、見晴らしがよくなりました。
 
お昼は牛肉入りの芋煮。焼き餅を入れてアツアツの雑煮をいただきました。
Dscn19662
Dscn19842
 
名古木の棚田の原の紅梅は、ぽつぽつと咲き始め、黄色いスイセンが朝陽を浴びていました。
よき1年となるよう、みんなの力で取り組みたいものです。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初春に★くん、☆ちゃん駆ける!

2017年の元旦は、7時過ぎに弘法山の南に太陽の光りが差し始めました。
 
Dscn17782
 
前日から泊まりにきている娘夫婦に加え、★くん、☆ちゃんのファミリー4人も午後には合流。我が家は一気に大所帯に膨れ上がり、普段の静けさとは打って変わった賑やかさにつつまれました。
 
★くん、☆ちゃんの恒例の宿泊新年ツアー、一昨年は子どもたちの発熱でやむなく中止。今年は無事にツアー催行となり、家族みんなの健康のありがたさを実感しました。
2泊3日のツアー中、子どもたち+男性たちは、連日、近くの公園めぐりを実施。私は最終日の午前中に添乗員の指名をされました。
 
Dscn18802
 
幾つもの公園を探索し、葛葉川では、★くんは水切りに没頭。この日は第一投から「8連」を出し、絶好調。水切りのコツをつかんだのでしょう。途中の北公園では、これまでできなかった鉄棒の技を見せてくれました。
 
Dscn18962
 
☆ちゃんは、ついこの間まで、手をつなぎながらの石渡りでしたが、 この日は、一人でぴょーん、ぴょーんと対岸まで渡り切りました。
 
子どもたちの日々の成長には目を見張るものがあります。この日も思う存分、動き回っていました。
 
Dscn19012
 
公園めぐりツアーは、ついつい時間がかかります。連れ合いから、「昼ごはんができました~」の連絡が入り、それを潮に、ようやく★くん、☆ちゃんは帰路に。
 
穏やかな初春に、この子らの未来に、「生きやすい、暮らしやすい社会を」と願わずにはいられません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年丹沢ドン会活動納め

NPO法人自然塾丹沢ドン会の2016年活動納めの会を12月24日(土)に行いました。この日の名古木の田んぼ。冬季湛水中です。
 
Dscn17192
 
午前中はいつもの通り、名古木の棚田で思い思いに田んぼや畑の手入れ。この日の私は畑の隣のササやぶを草払い機で刈り払う作業でした。
 
18093
18069
 
4~5メートルのササを刈り払うのはなかなかの作業。ときどき作業の手を休め、呼吸を整えながら仲間と一息つきます。
 
Dscn17222
Dscn17482
 
ササやぶを刈り払った部分は風通しが良くなり、風景が違って見えました。
 
Dscn17152
Dscn17262
Dscn17092
お昼は、持ち寄りの食材とお汁粉、みそ汁、焼き芋、お酒で2016年の活動納めの会。
ドン会のみなさん、自然塾生のみなさん、1年間お疲れさまでした! 
人と地域と自然に感謝です。ありがとうございました!
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読売新聞に西巻一彦さん『紡ぐ』の記事掲載

2016年12月11日(日)の「読売新聞」神奈川版に西巻一彦さん『紡ぐ』の記事が掲載されました。
201612112
さっそく読者の方からのご注文が入り始めました。
署名入りの記事の書き手は、厚木支局の中村良平記者。著者の思いをていねいに大きく取り上げていただきました。
自らの病に悩んだり、介護に携わる多くの人びとに、自らを鼓舞する勇気と家族の姿へのメッセージを伝える本です。ご一読いただいたら幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

丹沢自然塾「新そば体験教室」を雨岳文庫で開催

2016年12月10日(土)は朝から青空が広がる絶好のそば打ち日和。伊勢原市にある、登録指定有形文化財「雨岳文庫」山口家住宅で、NPO法人自然塾丹沢ドン会の丹沢自然塾「新そば・手打ち体験教室」を開催しました。
 
Dscn13682
Dscn13832
Dscn13792
 
記念撮影の後、この日の二人の講師のご挨拶と手順の説明。
 
Dscn14092
 
3人一組、5台のそば打ち台で、3回のそば打ち体験です。講師の指導の下に初めてのそばを打ちます。
 
Dscn15042
Dscn14992
Dscn14372
 
二八のそば粉を混ぜて、水を差し、こねて、のばして、切ります。
 
Dscn14572
 
細い、太いの不揃いも初めての体験ではご愛嬌。
 
Dscn14162
Dscn14612
Dscn14632
 
茹でて、氷を入れた冷水で流してザルに盛って、出来上がり。
 
Dscn14672
 
大根おろし、刻みネギ、ワサビの薬味を添えていただきま~す!
 
Dscn15322
Dscn14722_2
Dscn14912_2
 
ご当主の山口さんの奥さんとドン会女性陣による野菜天ぷらも美味。
 
ドン会の新そばは「挽き立て、打ち立て、茹で立て、香り立て」の四立て。茹で上がるそばからざるは空っぽに。
 
Dscn14902_2
 
Dscn14962_2
 
そばの他にもアツアツのおでん、焼き芋、焼きネギのもてなしも。ご当主の山口匡一さんは、焚火のそばで一休み。
 
Dscn15192_3
 
空き時間に前庭で中学生と相撲を取っているのは私。
 
Dscn15732_2
 
最後に二人の講師から講評をしていただきました。
 
ドン会のそば打ちは、8月下旬のそばの種まき、土寄せ、疎抜き、畑一面の白いそばの花を観賞し、刈り取り、天日干し、製粉とつづき、今日のそば打ちに至ります。他ではできない体験です。最初からうまい人はいません。今日のそばに味をしめて、何回でもそば打ちに挑戦してください。
 
Dscn15722_2
 
そばの種まきから参加した中学生たちは、「自分でつくったそばは美味しかった!来年もまた来ます」と笑顔で挨拶。
 
Dscn15712_2
 
大山山麓・雨岳文庫の庭に参加者の暖かい拍手が響きました。
 
Dscn15892_2
 
 
講師の方々、ドン会のスタッフたちが新そばを味わったのはその後のことでした。
お疲れさまでした! ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧