夢日記・コラム

弘法山の朝焼け

今朝の日の出は6時13分。

003_20240229081801

弘法山の左手から太陽が顔を出しました。

もうすぐ啓蟄とはいえ、寒い日がつづきます。

| | コメント (0)

初めてのイソヒヨドリ

午後、庭の片づけをやっていると2羽の野鳥。つがいでやってきました。

003_20240228210501

009_20240228210501

遠巻きに私の作業のようすをを見ているかのようで、私が少し場所を離れると地面に下りてきます。

後で調べてみると、どうやらイソヒヨドリのようです。初めて見る野鳥でした。

 

| | コメント (0)

足柄の峰々にスギ花粉の大飛散!

丹沢山ろくは昨日の雨から一転冬晴れ。ところが、朝から目はチカチカ、鼻はグシュグシュ。

午後、小田原へ向かう途中、遠く足柄の峰々のふもとに黄色いかすみがたなびいています。

008_20240226172701

006_20240226172701

009_20240226172701

スギ花粉の大量飛散でしょうか。

この季節一番の症状が出ました。

012_20240226172701

小田原からの帰途、酒匂川の堤の桜並木。

013_20240226172701

遠く、まつだ桜祭りの河津桜を遠望。

この季節、外出は控えたいですね。

 

 

| | コメント (0)

雨に濡れるクリスマスローズ、バラ、ウメの花

今朝の室温は10度。冷たい冬の雨の中、けなげに花たちが咲いています。

062_20240223175301

064_20240223175301

クリスマスローズのピンク。

070_20240223175301

バラのツボミ。

074_20240223175301

ウメの花びらも凍えそう。

今日は資料探しとデスクワークの一日となりました。

| | コメント (0)

白梅にメジロのさえずり

ポカポカ陽気の朝、我が家の庭のウメの木にメジロ。

067_20240215091901

春を告げるメジロのさえずりです。

 

| | コメント (0)

白梅一分咲き

今朝の室温は前日より5度も高い。3月下旬の温かさに、硬いつぼみの白梅が咲き始めました。

006_20240201090701

003_20240201090701

005_20240201090701

001_20240201090701

スイセンの白と黄色のコントラストが際立ちます。

冬から春にかけて、白から黄色い花たちが季節を彩ります。

| | コメント (0)

スイセンの花とウメのつぼみ

寒い冬の日が続いています。我が家の庭では節分を前にスイセンの白い花があちらこちらに咲き始めています。

063_20240128144201

064_20240128144201

057_20240128144201

059_20240128144201

060_20240128144201

ウメのつぼみは膨らみかけてはいますが、このところの寒さに足踏み状態。

温かい春の陽ざしが待たれる季節です。

 

| | コメント (0)

陽光降り注ぐ相模湾

小田原の積善堂・平井書店に向かう途中、西湘バイパスの国府津パーキングへ。

003_20240115162101

初春の輝く太陽が相模湾に降り注いでいました。

震災に見舞われた能登半島の地にも届け! 太陽のぬくもり。

| | コメント (0)

冠雪の富士と白梅

散歩の途中のビューポイント、冠雪の富士山に雲がかかっていました。

002_20240108100901 

006_20240108100901

日当たりのよい梅の木には白梅が早くも3分咲き。

020_20240108100901

021_20240108100901

019_20240108100901

庭には黄色いバラ、ピンクのサザンカ、白いスイセンの花が。

目まぐるしい季節の移り変わりに戸惑う日々です。

| | コメント (0)

2024年正月の富士山と能登半島地震

2024年、穏かに晴れ渡った元旦の午後、妻と二人で散歩に出ました。

022_20240103112601

西の空に富士山がくっきりと横たわっています。

014_20240103112601

金目川と葛葉川が画する丘の上、いつもきれいに草が刈られています。

019_20240103112601

帰り道に望んだ大山。

008_20240103112601

富士山の眺望は至る所から。

散歩から戻って一息ついていると、長い横揺れ。能登半島の先端を震源とする震度7、マグニチュード7.6の地震でした。

倒壊する家屋、津波・火災。凍える冬の夜を被災者のみなさんは一睡もせずに…。

翌日には、日航機と被災地への救援物資輸送のための海上保安庁の飛行機が接触炎上。

一刻も早い行方不明者の救出と救援物資の到着を祈るばかり。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧