夢日記・コラム

丹沢自然塾「そばの種まき教室」開催

これまでの炎暑とは打って変わって、秋の気配ただよう丹沢山ろく名古木のドン会フィールドで、丹沢自然塾「そばの種まき教室」を開催しました。
023soba
そばづくり担当の丹藤さんの指導の下、畝をつくり、そばの種をまきました。
040soba
自然塾の子どもたちも大活躍。1週間ほどで芽が出て、2週後には土寄せ作業。10月には一面のそばの白い花を観賞し、11月には刈り取り、天日干し。製粉したてのそば粉で、12月にはそばの手打ち体験教室を開きます。
種まきから始めるドン会のそばづくり。収穫・そば打ちまで無事にできますよう。
080soba
084soba
この日の名古木の棚田、空には白い雲が浮かび、稲穂の上には、スズメ除けのビニルテープが風に揺れて光り輝いています。
088soba
路傍にはエノコログサが風にゆれ、季節はめぐり初秋の風情が漂い始めました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

丹沢ドン会定例活動日の一コマ

NPO法人自然塾丹沢ドン会の活動日は毎週土曜日。朝8時半ころから会員が集まり始め、日除けのためのテントを張り、冷たい飲み水を用意し、田んぼの水回り…。9時前後には毎週20~30人のメンバーがその日の都合で入れ替わりながら集まります。
0042
06121
この日の作業はスズメ除けのための田んぼのネット張り。田んぼの周囲の畦の草払い。畑の収穫などなど…。
029211
休憩時間には、冷たいミニトマトをほおばります。
炎暑の中、それぞれ自分の体調と相談しながら里地・里山の作業に取り組みます。
04521
子どもの遊びゾーンの近くの湿地にはガマが天に向かって幾本も。
03721
畑の縁にはヒマワリが輝いています。
05621
稲穂もたわわに実り、太陽と水・大地の恵みを実感します。
持ち寄りの惣菜がテーブルを回り、お昼ご飯を食べ終わったころ、西の空に暗い雲が…。と思う間もなく、大粒の雨が降り始めました。
この日の作業はこれまで。大急ぎで帰り支度をして三々五々、東京、神奈川県内、秦野市内への帰途に。
「秋の収穫まで無事に育ってほしい!」と願いつつ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

丹沢山麓にゲリラ豪雨

お盆休み中、プリウスの定期点検のために、神奈川トヨタへ車を走らせました。点検作業の間は、コーヒーをいただきながら校正作業。突然、ガラス越しの交差点が暗くなり、ざんぶと大雨が降って来ました。ゲリラ豪雨の様相。
1時間弱で点検終了。そのころには雨は小降りに。外に出たついでということで、郵便局・銀行へ行き、支払い・記帳。
004
その途中、信号待ちで水無川に架かる橋の上で上流を見ると、普段のようすとは大違い。濁流です。飛沫を上げる川の流れに、西日本の被災地の映像がダブりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

会議の前にコーヒー

平日の朝、産業貿易センターの会議室で開かれる会議に出席するため横浜へ向かいました。通勤時間帯に電車で移動するのは何年ぶりのことでしょう。
地下鉄の改札口から地上に出ます。むっとするほどの暑さ。となりの県民ホールでは夏休みの大会があるのでしょうか。多数の高校生と思しき学生たちが楽器を抱えて列をなしていました。
乗り継ぎが良くて少し早く着きました。一息つきましょう。
007211
コーヒーを飲みながら資料に目を通し、会議に備えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふるさと長岡から枝豆

ふるさと長岡の実家・兄の連れ合いさんから段ボール箱が届きました。中には枝豆、ナス、ゴーヤ、ミニトマトなど取れたてのふるさとの野菜。
003211
さっそく枝豆を蒸かして、いただきました。
毎年兄は、8月2日、3日の「長岡の花火」を見に来る客人の食卓に出すために枝豆の食べごろを見計らって栽培しています。
思わず発した「うまい!」が、母の口調にそっくりだと気づかせてくれた、ふるさとからのお裾分けでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

編集者日録 2018年8月2日

炎暑の中、日焼け止めクリームを顔・手に塗り、帽子をかぶり横浜へ。
神奈川県庁で、年に1度のNPO法人神奈川県自然保護協会と浅羽副知事との懇談会に参加しました。
今年のテーマは、①2020年オリンピック・パラリンピックを機に、江の島の魅力をさらに高めましょう、②生物多様性保全に向けて、③里地里山活動今後の展望他。短い時間でしたが、率直な意見交換ができました。ぜひこれからの県の施策に反映してほしいものです。
懇談会の後、数人でイタリアンダイニング「カリ~ナ」で、ふわふわオムレツのランチ。その帰途、横浜駅西口でポンパドールのパンを購入して帰宅。
少し休息して、武勝美さん宅へ。「続 道祖神ワンダーワールド」の初校ゲラを受領しました。
Img_20180802_0001
武さんは、教育個人紙「ECHO」を発行しつづけて33年、7月20日で350号を重ね、7月31日付の「神奈川新聞」に紹介されました。先達の持続する志に脱帽です。
004231
 
家に帰ると、垣根越しにヤマユリの花。空には雲がかかり、いくぶん暑さを和らげてくれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知・平和資料館「草の家」でTBSドラマ「遠い約束」の上映会

高知・平和資料館「草の家」で8月4日(土)午後、TBSドラマ「遠い約束」の上映会が開催されます。7月29日(日)の「高知新聞」に大野正夫さんの投書が掲載されました。
Img_20180731_0003
2014年度・第69回文化庁芸術祭参加作品である「遠い約束~星になったこどもたち~」のDVD上映会・講演会の準備を進めてきた大野正夫・高知大学名誉教授は、ドラマの原作者・増田昭一さんの教師時代の小学校の教え子で、ご本人も満州から日本への引き揚げ体験者。
戦争を知らない若者たちにこのドラマを見てもらい、戦争の悲惨を伝え、二度と戦争を起こさない国にしてほしいとの思いを込めて。
8月4日の朝、増田昭一さんとご一緒して私も高知へ向かいます。若者たちの来場を期待しつつ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名古木の棚田の風景 2018年7月28日

2018年7月28日(土)の秦野市名古木の棚田の風景。
132
92
29日に予定していた第2回「丹沢こども自然塾」は残念ながら実施できませんでした。曇り空の下、ドン会メンバー4名は、棚田で草払いなどの作業を行い、いい汗をかきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

完熟トマトト収穫

長くつづいた炎暑もようやく一息。と思ったら今度は台風12号の襲来です。
連れ合いが近くの畑で取り組んでいる家庭菜園。連日の炎暑の中、2本のトマトの苗木から、完熟トマトを5個収穫しました。余りの瑞々しさに、思わず丸ごとほおばりました。
で、写真には4個しか映っていません!
00131
トマトの頂点に星印が輝いているのは美味しさの証明なのでしょう、甘くて濃い味のトマト、大地の香りが漂ってきました。
炎暑を潜り抜けた自然界の恵みの一つ。自然がもたらす、よいこと悪いことに思いを巡らし、自然との付き合い方を考えさせる夏です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名古木の棚田の米づくり、穂が出る

今朝は5時起きして、暑くなる前に草払いの作業をするために名古木の棚田へ出かけました。プロの農家にとっては、まさに朝飯前のひと仕事というところでしょうか。
連日の炎暑から一転、昨夜の雨によって田んぼは潤い、稲の穂が出始めました。
003214
名古木の丹沢ドン会ベースに前泊していた2名はすでに作業のまっ最中。
少し手を休めて、29日(日)に開催予定の「丹沢こども自然塾」について打ち合わせ。台風12号の進路が定まらず、参加予定者へ同日の開催の有無の確認方法について連絡することになりました。
2時間ほどかけ、水分を補給しながら、、「こども自然塾」のロープ遊びの場所の周辺の草払いを行いました。
01221
 
丹沢ドン会の稲の生育は順調。このまま何事もなく収穫まで行って欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧