夢日記・コラム

エクセル・データ「私の世界史年表ノート」完成報告会

鈴木澄夫・編集

エクセル・データ「私の世界史年表ノート」

完成報告会のご案内

 

長岡高校の昭和43年卒同期の鈴木澄夫さんが19年かけて取り組んだ「私の世界史年表ノート」がようやく完成しました。収録ファイルはエクセルで、年表の全レコード数(延べ項目数)は83,070です。あくまでデータベースでの利用を考えて、デジタルならではの「検索BOX」が組み込まれているので、驚くほど検索が容易で、かつ網羅的に一瞬のうちに「検索」できる優れものです。紙に直したらどれくらいのページになるのか、本人もわかっていませんが、概算でA48000ページほどのボリュームです。

鈴木さんは、53歳まで建築事務所に勤めていた1級建築士。新幹線の駅舎などの設計に携わっている際に、顧客との深い交流の中で、自分が「あまりにも日本や世界の歴史、とりわけ明治維新以降の日本の国のたどってきた戦争の歴史と事象を知らなすぎる」という恥ずかしい思いが一念発起の動機だと言います。普通、「知らなさすぎる」で終わってしまうところを、越後人の粘り腰でしょうか。50歳から取り組み、会社を辞めて、300冊余りの世界史の本を渉猟・読破して19年の歳月を費やして、昨秋、「世界史年表」は完成しました。「私の…ノート」と題したのは、ささやかな個人の取り組みであり、不十分な内容はこれからも推敲しなければという思いがあるからです。

我らが同期の永年の取り組みの成果を、下記の完成報告会でPC操作をご覧いただきながら体験したいものです。そして、一人でも多くの方々に世界の歴史、とりわけ近代以降の日本の歩みを「デジタル年表」で手軽に学び、これからの日本と世界がどこに向かうのかを考える契機にしていただければ幸いです。

ふるって参加くださいますよう、ご案内いたします。

                                         20182

「私の世界史年表ノート」完成報告会世話人 片桐務 

 

開催日時2018222日(木)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬季湛水中・名古木の棚田

NPO法人自然塾丹沢ドン会のフィールドである秦野市名古木の棚田は、ただいま冬季湛水中。
 
Dscn08092
 
毎週土曜日の活動日にはドン会メンバー20~30人が集います。冬の間、田んぼに水を張ることで、秦野盆地の地下水の涵養に一役買っています。さらに、水生生物の棲み処としても、大きな役割を果たしています。
 
Dscn08002
 
この日も、慶應大学一ノ瀬研究室の清水さん他4名が名古木の自然調査に入りました。
 
Dscn08062
 
Dscn08052
 
棚田の原の梅の木々も陽光を浴びて赤いつぼみを膨らませています。
2月~3月と、崩落した畦の補修や田起こし、畑の耕耘など、寒仕事がつづきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冠雪の大山と雨岳文庫の梅のつぼみ

南岸低気圧がもたらした雪が、昨夜から首都圏の交通を混乱させています。わずか(?)21センチの降雪が、大都市・東京のウイークポイントとなります。こんな時は自宅勤務の我が身のありがたさが身に沁みます。
 
一夜明けると、草津温泉・白根山の噴火が報じられ、けが人が10数人。そしてとうとう死者が出たとのこと。自然の厳しさと人の命のはかなさ。安らかなれと祈るばかり。
 
昨日の低気圧は、丹沢山麓はもとより、表丹沢と連なる大山にも雪を運んで来ました。現在進行中の本の装丁用に、冠雪の大山と雨岳文庫の写真を撮りに伊勢原に向かいました。ご当主の山口匡一さんに声をかけ、脚立をお借りして資料館の屋根に上りました。
 
Dscn07612
 
撮影のポイントにより、大山がいつもとは違ったフレームに入ります。雨降り山の別名を持つ大山の大きさ、なだらかな白い稜線がたおやかに映し出されました。
 
Dscn07822
 
雨岳文庫の広い梅林のところどころに、春を待つ梅のつぼみがふくらみ始めていました。
 
Dscn07842
 
冬本番のさ中、小枝の先に梅の花一輪。季節は否応なしにめぐります。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本づくりを楽しむ

陽は射してはいるものの丹沢おろしが寒い午後、伊勢原に車を走らせました。
 
まずは、彫刻家の西巻一彦さん宅へ。山田吉郎さんの著作『丹沢山麓・童話集 2 なべわり山のふうたろう』の表紙絵を依頼したところ快諾していただき、早速校正刷りを持参しました。
「この冬一番の寒さ。部屋の中でやれる仕事はありがたいですよ」と笑顔で迎えてくれます。
2017年の暮れに、出雲大社の鳥居の傍に2018年の干支「戌」の彫刻を設置したばかりの西巻さん。大病をものともせず石に向かい続ける姿は、生命力に満ち満ちています。そのエネルギーは、周りの多くの人たちを勇気づけてくれます。表紙絵・挿絵の出来上がりが楽しみです。
 
帰途は、大山背にした雨岳文庫・山口家へ。
 
Dscn0679
十一代ご当主の山口匡一さんのもとへ『戦前・戦中の農業改革と山口左右平』の初校ゲラをお届けしました。国登録有形文化財の母屋でお茶をいただきながら、ひとしきり話し込んでしまいました。
山口家十代左右平は明治37年生まれ。父九代佐一が昭和11年に逝去したため若くして家督をつぎました。
左右平は、満洲開拓協力協議会・産業組合中央会を経て、帝国議会の衆議院議員を務め、激動の時代に向き合いつつ、一貫して戦前・戦中の農業改革に足跡を残し、戦後44歳の若さで逝去。山口左右の生涯とその時代背景を、津田政行さんと山口匡一さんが書き記しました。
いずれの本も3月末には刊行の予定。無から有を生む「本づくり「」の醍醐味を味わっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

丹沢ドン会の2018年「棚田開き」で餅つき

1月6日(土)、NPO法人自然塾丹沢ドン会2018年「棚田開き」を初春の陽光がふりそそぐ名古木の棚田で行いました。
 
Dscn0602
 
まずは太陽の恵みに感謝!
 
Dscn0606
 
Dscn0614
 
田んぼと畑に、若水とお神酒を注ぎ、一年の無事と豊作を祈念しました。
 
Dscn0628
 
草払い機の整備、倉庫の長靴収納場所の改修、剪定、畑など、思い思いの作業に取り組む間、丹沢ドン会の名古木の棚田で収穫したモチ米をセイロで蒸します。
 
Dscn0643
 
おばあちゃんと一緒に餅つき。
Dscn0650
つき立ての餅をアンコ、きな粉、辛みダイコンでまぶしていただきました。
Dscn0654
よき一年でありますよう!  丹沢ドン会27年目のスタートです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

弘法山の朝焼けと飛行機雲

2017年の年の瀬も押し迫り、最後の1日となりました。午前中は掃除の続きです。暖房器のフィルターをきれいにし、各部屋の掃除。そして、1階の居間に炬燵をセットしました。
これで、いつ子どもたち家族が来ても大丈夫です。
 
Dscn04892
30日朝はなぜか早い目覚め。弘法山の南方に朝陽がのぼり、西の空に向けて飛行機雲が一直線。
2017年の私にとって、仕事・NPO・家族のあゆみは、遅々として前に進むことができませんでしたが、寄り道しながらもスローな一歩を重ねることができたかな?
朝の冷気の中の一瞬の出来事でした。
みなさま、良いお年を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

丹沢ドン会の棚田納め

2017年の丹沢ドン会の棚田納めは、23日の土曜日。
 
Dscn0438
 
底冷えの名古木の棚田には霜が降りていました。
 
Dscn0447
 
年末最後の活動日ということで、30名余の参加があり、畑、倉庫の改修、ミカンの収穫、崩落した土手の改修など、思い思いの作業に取り組みました。
 
Dscn0479
 
昼食の後は、ほぼ仕上がった倉庫に作業用具などを収納し、仕事納めとなりました。
「良いお年を!」 と声かけ合う後ろ姿に温かい陽ざしが差していました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この前はいつやったかなあ? 障子貼り

寒さを理由に先延ばしにしていた我が家の障子の貼り替え。この前、いつやったのか忘れるぐらい。少々の破れは、連れ合いが部分的な補修で済ませていました。
 
今日は朝から寒気が少し緩みました。いよいよ言い訳が効きません。重い腰を上げて、障子の貼り替えに取り掛かることに。
2階の大・中・小の各2枚、計6枚の障子をはずし、庭の水道栓の近くで障子紙を剝がします。最初はそのまま手で剝がしていたのですが、途中で障子に水をかけると、思いのほか簡単に、しかもきれいに剥がれることが分かりました。作業のスピードが一気にアップ。障子の桟を洗い、骨だけの障子を雲一つない冬空の下で乾かしました。
 
1時間ほど外出して帰り、いよいよ障子貼りです。昼食をはさみ合計2時間ほどかけて障子の貼り替えは終わりました。
 
Dscn0433
 
Dscn0435_2
 
 
障子の貼り替え完成。連れ合いに声をかけました。
「部屋がずいぶん明るくなったね。ありがとう!」
無理をしてはいけません。1階の和室の障子2枚は、 この次の課題にしましょう。
 
「いつのことやら…」と連れ合いの顔に書いてありましたが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆ちゃんの公園めぐりと川遊び

保育園の音楽会を終えて、☆ちゃんファミリーが我が家にやって来ました。久しぶりのお泊りです。
 
翌朝、ママはバレーボールの試合に出かけました。★くんは連れ合いと家で昼ご飯づくり。私は☆ちゃんと公園めぐりに出かけました。
 
Dscn0401_2
 
鉄棒、すべり台、二人でオニごっこと目まぐるしいほどに遊びまわります。
ブランコは、「天まで届け~!」。
 
Dscn0420
 
葛葉川に置かれた踏み石。
この前来た時には、手を添えながらの恐る恐るの川渡りでした。
この日は自分から「大丈夫!」と言いながら、ぴょんぴょんと石から石へと渡ります。
「もう一回行ってくる!」と、すっかり自信がついたようす。
 
Dscn0427
 
2時間コースの4つの公園めぐりを終えて家に帰ると、美味しいカレーライスが出来上がっていました。
「いただきま~す!」
 
★くん、私につられて? ☆ちゃんもお替り。
「大きくな~れ!」と心の中でつぶやきました。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美味しい手打ちそばに舌鼓

大山のふもと・雨岳文庫の山口さんのご厚意で今年も丹沢ドン会「丹沢自然塾」手打ちそば体験教室を開くことができました。
 
Dscn0182
 
Dscn0198
 
講師はいつもの浅井さんと関野さん。
2人一組で5台、それを2回行い、合計20名がそば打ち体験をしました。
 
Dscn0258
 
小さな手で一生懸命そば粉を混ぜます。
 
Dscn0294
 
Dscn0330
 
 
茹で立てをいただきま~す! 自然塾生にとっては初めての体験でした。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧