夢日記・コラム

バラとアジサイ、サンショウの実

朝から蒸し暑い日、庭の花たちが出迎えてくれました。

004_20240612103701

001_20240612103701

013_20240612103701

010_20240612103701

バラとアシサイの花。

016_20240612103701

サンショウの実。

012_20240612103701

ミニトマトはまだ青いまま。

これまで食卓に上った庭の野菜は、ソラマメ、インゲン、インカのめざめ(ジャガイモ)、キュウリ、ナス、インゲン。

野菜たちの生長が楽しみです。

 

| | コメント (0)

アジサイ色づく

庭のアジサイが色づきました。

010_20240607090901

005_20240607090901

009_20240607090901

011_20240607090901

アジサイの七変化の始まり。

雨に濡れたアジサイの風情も格別。梅雨入りが待たれるのは、アジサイと名古木の棚田の苗たち。

アジサイの名所・開成町のあじさい祭りは明日土曜日(6月8日)から。

 

 

| | コメント (0)

バラの花咲く

緑濃い季節、庭のあちこちにバラの花が咲いています。

002_20240603084301

001_20240603084301 

003_20240603084301

004_20240603084301

花びらは朝の太陽に向かって「おはよう!」と挨拶しているかのよう。

| | コメント (0)

初もぎキュウリとナス

取れたての野菜を食卓にと、目の前の野菜たちの生長を日々眺めていました・・・。

ようやくその日が。

009_20240531085601

初もぎのキュウリとナス。

011_20240531085601

ナスは、ピザにトッピング。キュウリはサラダに。

瑞々し食感、これこれ!

007_20240531085601

ソラマメも酒のつまみに。夏野菜の季節の到来です。

| | コメント (0)

初物ソラマメ

ソラマメの収穫。焼いたサヤをむくとジュワーッと、とろりとした汁が。あつあつの初物ソラマメは甘くておいしい。

006_20240523090701

005_20240523090801 

009_20240523090801

003_20240523091001

キュウリ、ミニトマト、ナスも育っています。

001_20240523090801

008_20240523090801

バラやカラーの花が咲き、

012_20240523090801

アジサイの蕾が・・・。

人の口と目を楽しませてくれる季節がやって来ました。

 

| | コメント (0)

ようこそ、シジュウカラ

我が家の庭にシジュウカラのファミリーが。緑の葉っぱの木から木へと忙しそうに飛んでいます。

003_20240518080001

ここに2羽。

005_20240518080001

この画面には4羽。

004_20240518080001

何処にいるか分かりますか。数えてみれば6~7羽のファミリー。

居ながらにして鳥たちの朝食を観察することが出来た朝のひとときでした。

| | コメント (0)

ジャガイモの花咲く

庭の畑のジャガイモの花が咲きました。

225

230_20240508091101

ナスの花も。

226

224_20240508091101

ソラマメの実がなり、

232

水菜、ホウレンソウも育ち、

221_20240508091101

インゲンとオクラも生長中。食卓に並ぶのが楽しみです!

| | コメント (0)

アヤメの花咲きそろう

初夏のような陽ざしが庭の木々や花たちに注いでいます。

アヤメの花が咲きそろいました。

009_20240426083801

003_20240426083801

005_20240426083801

空には飛行機雲のなごり。

日替わりのお天気に体を慣らすのがやっとです。

 

| | コメント (0)

雨上がりの庭に咲く花

曇天の空、雨上がりの朝です。庭の樹々たちの葉は生き生きと。

009_20240425083501

フジの葉に滴。

003_20240425082601

002_20240425083501

アヤメうるおう。

007_20240425082601

ハゴロモジャスミンの白い花。

016_20240425083501

カモミールの花にもしずく。

014_20240425082601

ジャガイモのつぼみ。

015_20240425082601

ソラマメの花。

012_20240425083501

013_20240425083501

芽を出した野菜たちには恵みの雨。

011_20240425082601

朝取りの野菜は食卓へ。

雨上がりの我が家の庭でした。

 

 

| | コメント (0)

小田原文学研究会主催の第1回文学散歩&講演会

土曜日は午前中丹沢ドン会の定例活動、午後は米百一俵の会・同期会で東京赤坂・陽光ホテルへ。

日曜日は、小田原・曽我梅の里で小田原文学研究会主催の第1回の催し。

小田原の生んだ文学者の一人「尾崎一雄・文学散歩&講演会」。初夏を思わせる陽気の中、JR下曽我駅近くの「梅の里センター」~尾崎一雄文学碑~尾崎家跡~尾崎家墓地~宗我神社~法輪寺を経て梅の里センターへ。

002_20240422102101

005_20240422102101

文学散歩の講師は田代道彌さん。よどみない解説に、参加者はしきりにメモを取っていました。

010_20240422102101

尾崎家の墓所では線香を手向けました。

015_20240422102101

宗我神社の境内で。

022_20240422102101

023_20240422102101

法輪寺の木造薬師三尊を詣でました。

午後からは、梅の里センターで講演会。テーマは「尾崎一雄の文学をめぐって」と題して、日本近代文学研究者の紅野謙介さんの登場です。

尾崎一雄の短編小説「美しい墓地からの眺め」「井戸がえをしなければ・・・」の2編を題材に、尾崎一雄の作品鑑賞と小説作法の妙をお話になりました。

029_20240422102101

法輪寺からの下り道、前方には相模湾が横たわっていました。尾崎一雄の作家活動の舞台には、新しい住宅があちこちに建ってはいましたが、自然の風景は変わらぬままなのでしょう。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧