大正6年に初代諸戸清六の二男・精太が建てた別荘。シンプルなつくりながら大工の技を生かしたさまざまな工夫が施されています。平成7年に「小田原市ゆかりの優れた建造物」に認定されています。